四季の旅人写真館

ブラブラ散歩で撮影しています

宝殊院

福聚山 宝珠寺 曹洞宗 石仏
撮影地:愛知県名古屋市昭和区伊勝町

 

 

 

f:id:shikinotabibito:20211018162659j:plain

       LUMIX GX7MK3・LUMIX G VARIO 12-32 mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.

 

 

f:id:shikinotabibito:20211018162747j:plain

 

 

 

      f:id:shikinotabibito:20211018162809j:plain

 

 

f:id:shikinotabibito:20211018162835j:plain

 

 

 

f:id:shikinotabibito:20211018162932j:plain

                  本堂

 

 

 

f:id:shikinotabibito:20211018163004j:plain

 

 

 

      f:id:shikinotabibito:20211018163033j:plain

 

 

      f:id:shikinotabibito:20211018163104j:plain

 

 

 

      f:id:shikinotabibito:20211018163139j:plain

 

 

 

f:id:shikinotabibito:20211018163211j:plain

 

 

 

寛永年間(1640年頃)に創建された、曹洞宗名刹です。先の大戦で建物は焼失しましたが、昭和40年に本堂、庫裡が再建され、平成元年には総檜造り白壁の唐様四脚門(からようしきゃくもん)が落慶しました。本堂には本尊の福聚延命地蔵菩薩のほか庚申(こうしん)像があり、境内には秋葉堂、石仏三十三観音役行者(えんのぎょうじゃ)像、不動明王像などがあります。また、平成21年には伊勝小学校北門前にあった的場の観音様や弘法様も、境内に祀られました。
 佐久間玄蕃盛政(初代金沢城主)の伊勝城があったのも、この辺りと言われています。
                              名古屋市昭和区HPより

 

 

 

エノコログサ:狗尾草 えのこ草 犬子草 えのころ 猫じゃらし

f:id:shikinotabibito:20211017164637j:plain

                                          LUMIX GX7・M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8

 

 

f:id:shikinotabibito:20211017164720j:plain

 

 

 

 

                       なるがままなるがままなり猫じやらし   奥田杏牛

 

 

 

 

 

 

伊勝八幡宮

伊勝八幡宮
撮影地:愛知県名古屋市昭和区伊勝町

 

 

 

f:id:shikinotabibito:20211016172201j:plain

        LUMIX GX7MK3・LUMIX G VARIO 12-32 mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.

 

 

 

f:id:shikinotabibito:20211016172248j:plain

 

 

 

f:id:shikinotabibito:20211016172306j:plain

 

 

 

f:id:shikinotabibito:20211016172329j:plain

 

 

 

f:id:shikinotabibito:20211016172355j:plain

            これより先撮影禁止

 

 

 

f:id:shikinotabibito:20211016172727j:plain

 

 

 

f:id:shikinotabibito:20211016172748j:plain

 

 

 

      f:id:shikinotabibito:20211016172809j:plain

            御神木アベマキ 樹齢1000年以上

 

 

 

f:id:shikinotabibito:20211016172911j:plain

 

 

 

f:id:shikinotabibito:20211016172930j:plain

 

 

 

f:id:shikinotabibito:20211016172950j:plain

 

 

 

f:id:shikinotabibito:20211016173016j:plain

 

 

 

古くから伊勝村の氏神様として崇敬される伊勝八幡宮は、熱田神宮とほぼ同じ時代に創建されたと言われています。主祭神は、品陀和気命(ほむだわけのみこと)です。宝物の一つである狛犬は、瀬戸で焼かれた陶製で、底部に応永25年(1418)の墨書きがあることから室町時代のものと推測されます。愛知県指定文化財として、現在は名古屋市博物館に保管されています。
 境内には、千年以上の樹齢を持つ御神木のアベマキ(名古屋市指定保存樹)や、秋に小さな白い花を咲かせるリンボクが自生しています。
                        名古屋市昭和区HPより

カタヒバ:片檜葉

f:id:shikinotabibito:20211015203419j:plain

                  LUMIX GX7MK3・LUMIX G VARIO 12-32 mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.


 

常緑性シダ植物
宮城県以南〜九州の山林中の岩上や樹冠に生える。茎は地下茎と地上茎からなる。地上茎は3〜4回羽状に分岐し、長卵形の葉身状に広がる。葉は黄緑色で、葉状枝は集まらずに開き、垂れ下がる。乾燥すれば内側に巻込む。主茎は丸みがあり、背葉の辺縁には白膜はなく、先端は鋭尖状。ソーラスは四角柱状で小枝に1個頂生。晩秋には紅葉する。

 

 

 

 

 

 

正法寺

黄梅山 正法寺 曹洞宗
撮影地:愛知県名古屋市千種区城山

 

 

 

f:id:shikinotabibito:20211014201514j:plain

      LUMIX GX7MK3・LUMIX G VARIO 12-32 mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.

 

 

f:id:shikinotabibito:20211014201558j:plain

 

 

 

f:id:shikinotabibito:20211014201631j:plain

 

 

 

f:id:shikinotabibito:20211014201702j:plain

 

 

 

f:id:shikinotabibito:20211014201722j:plain

 

 

 

f:id:shikinotabibito:20211014201747j:plain

 

 

 

f:id:shikinotabibito:20211014201806j:plain

 

 

 

f:id:shikinotabibito:20211014201824j:plain

 

 

 

曹洞宗寺院。特別尼僧堂・愛知専門尼僧堂。昭和12(1937)年、佐治タイル創始者佐治春蔵が建立。その没後、昭和22(1947)年「第一尼学林」を当境内に移転再興して、寄宿舎・校舎を落成した。同尼学林は、明治36(1903)年東春日井郡高蔵寺村気噴に創立。大正元(1912)年には北区柳原に移転して諸施設を整えたが、昭和20(1945)年5月14日の空襲で灰塵に帰し、乾徳寺に仮偶していた。同尼学林は、その後制度変更で「曹洞宗高等尼学林」・「愛知専門尼僧堂」となり、昭和45(1970)年「特別尼僧堂」が設置されて現在に至っている。
                            名古屋市千種区HPより

 

 

 

シュウメイキク:秋明菊  貴船菊

f:id:shikinotabibito:20211013172503j:plain

                                   LUMIX GX7・LEICA  DG  SUMILUX   25mm   F1.4  ASPH.

 

 

 

                          相逢ひし人今年病む貴船菊    阿部みどり女

 

 

 

大林寺

曹渓山 大林寺 臨済宗妙心寺派
撮影地:愛知県名古屋市千種区城山

 

 

 

f:id:shikinotabibito:20211012162623j:plain

       LUMIX GX7MK3・LUMIX G VARIO 12-32 mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.

 

 

 

f:id:shikinotabibito:20211012162708j:plain

               本堂

 

 

 

f:id:shikinotabibito:20211012162742j:plain

 

 

 

f:id:shikinotabibito:20211012162805j:plain

滝川忠征の墓
従五位下豊前守 元は滝川一益の家臣で木全姓でしたが数多くの武功を挙げ滝川姓を与えられます。滝川一益が失領後はそれまで敵対してきた秀吉に仕え以降も数多くの合戦に参加し武功を挙げますが、それ以上に伏見城普請奉行としてその名が残っています(京都名所図会などに記される滝川豊前守は彼のこと)。関ヶ原の戦いでは西軍に属しますが咎められることなくそのまま徳川家に仕えることとなり駿府城名古屋城の普請奉行を務め、大坂の陣後家康の遺命により徳川善直に付属されることとなります。

 

 

 

f:id:shikinotabibito:20211012162844j:plain

忠征の墓石の裏側には寺名にもなっている戒名の大林宗機居士の名が刻まれています。

 

 

 

臨済宗妙心寺派寺院。妙心寺の直末。初め福壽山と号したが後に現在の山号に改めた。
 徳川家康により義直補佐の年寄として尾張藩に付けられ、名古屋城築城の普請奉行として諸大名の指南をしていた瀧川豊前守忠征が、寛永五年(1628)一族の菩提寺として建立。本尊は木造釈迦牟尼仏座像。明治維新時に本堂が廃され、庫裏を本堂に兼ねた。中区南桑名町四丁目(元は伏見町)の東側に境内(江戸期は五千七百坪余)があったが、強制疎開で戦時中に本堂や墓を移転。本堂東側の墓地には瀧川家一族の墓碑が林立する。
                    名古屋市千種区HPより